品川区立杜松地域密着型 多機能ホーム BLOG

私たちのケア観…「ありがとう」と言われるケアから「ありがとう」と言うケアへ

2020年9月1日

「ありがとう」と言われるケアから「ありがとう」と言うケアへ

この言葉の意味は、ご利用者の方が役割を持ち、居場所を得て、生きがいにつなげるケアのことを表しています。

 

これまでのケアは、スタッフがご利用者の方から、「ありがとう」と言われる場面が多かったように考えます。これからは、私たちスタッフから、例えば、「おいしいお茶をいれて下さって、ありがとうございます。」「花の水やりをいつもやって下さり、ありがとうございます。」等と役割を持っていただいた上で、生きがいにつながるような、日々のやり取りを重ねていくケアに取り組みます。

 

施設にご入居されても、本来持ち合わせていた、主体的な生活をできる限り続けていただくことを目指します。

このお知らせをシェアする