かながわ地域活動ホーム ほのぼの BLOG

ご提供サービス

2020年9月7日

ご提供サービス

障害児者の地域での生活を支援する拠点施設で、横浜市では各区に1館の整備をしており、「かながわ地域活動ホーム ほのぼの」は14番目の社会福祉法人型地域活動ホームとなります。主な事業として、障害者日中活動支援事業(支援法事業)、生活支援事業(一時ケア、ショートステイ、余暇活動支援、おもちゃ文庫)及び相談支援事業を実施しています。

各サービスの利用については、障害者地域活動ホームに直接相談することができます。ただし、障害者日中活動支援事業は支援法対象事業事業になりますので、お住まいの区に申請を行い、支給決定を受ける必要があります。

障害児者に関する制度はたいへん複雑ですので、ご質問ご相談などは、お気軽に「地域活動ホーム」にお問い合わせください。 また、横浜市の障害福祉案内のホームページなどもご参考にしてください。

http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/shogai/index.html

相談支援事業

横浜市障害者相談支援事業の一次相談機関として情報提供や一般的な相談はもとより、緊急時の対応や相談などにもお応えしています。また「地域活動ホーム」では障害種別に関わらずすべての障害児者への相談、単身で生活する視覚障害者等情報弱者への手紙等朗読支援、横浜市後見的支援を要する障害者支援条例の緊急時登録の受付も行っています。緊急時のご相談は、24時間、365日受け付けております。

一時ケア、ショートステイ

一時ケアは、ご家族等の通院や休養等の一時的な過ごしの場として、ショートステイは、ご家族等の疾病、事故、用事の際の夜間の過ごしの場として、またご利用者の自立のステップとして、ご利用者が安心して利用でき、ご家族が安心して託せる場を提供します。

おもちゃ文庫

障害のあるこどもさん達と親同士の遊び場と交流の場を提供致します。また障害の有無に関わらず、出会いの場として地域の子供、親との遊び場、交流の場としてお使い下さい。

10時~13時:地域の皆様に開放致します。対象となるお子さんは、未就学の方とさせていただきます。

                           13時~16時:障害のあるお子さんに開放致します。

余暇活動支援事業

余暇の充実のため、ご利用者のニーズを把握しながら、様々なプログラムを企画し、参加を呼びかけ、実施致します。

このお知らせをシェアする