後見的支援室おんぷ BLOG

障害者後見的支援制度

2020年9月7日

後見的支援制度とは

横浜市の「将来にわたるあんしん施策」のひとつとして、障害者の日常生活を見守り、必要に応じて定期訪問のほか将来的な不安や希望を適切な機関へつなぐ制度です。
制度の詳細は、障害者後見的支援運営法人(横浜市社会福祉協議会障害者支援センターのページ(外部サイト)

どんなことをしてくれるの?

  1. 障害のある人を支援している人や、地域住民の方などが、制度に登録した人を日々の生活の中で気にかけたり定期的な訪問をしながら、日常生活を見まります。
  2. 障害のある人とその家族の、将来の希望や漠然とした不安などの相談をお受けします。
  3. 生涯にわたり障害のある人によりそいながら、その人の願う地域での暮らしが実現できる方法を一緒に考えます。

できないことは?

  1. 身体介助や家事援助などの直接支援は行いません。
  2. 金銭や大切な書類の管理は行いません。
  3. 入院時の身元保証や手術などでの医療同意行為は行いません。

※詳細は、各区の障害者後見的支援運営法人に御確認下さい。

利用できる人は?

  1. 日常の見まもりを希望する障害のある人(とその家族)
  2. 将来の生活について相談したい障害のある人(とその家族)
  3. 実施区に住んでいる18歳以上の障害のある人が登録対象です。
このお知らせをシェアする