お知らせ NEWS

NEWINFO

【新型コロナウイルス感染症のクラスター発生施設に対する総合支援】申し込みはこちらから

2021年4月14日

若竹大寿会は横浜市立大学と連携してクラスター発生施設の総合支援を行います。

つきましては、希望される施設は以下の方法より必要事項を入力ください。

若竹大寿会より24時間以内に施設担当者へ連絡いたします。

 

<申し込みフォームはこちら>

 

1.概要

新型コロナウイルス感染症が発生した横浜市内の特別養護老人ホームを対象に、要望に応じて横浜市立大学附属病院所属の医師が包括的な支援を行います。具体的には、感染対策指導・CT搭載車派遣することによる新型コロナウイルス肺炎の早期診断感染者の重症度評価や搬送調整に関する助言等により、施設内での感染拡大を防ぐとともに効果的な療養・治療のための支援を行います。

 

2.対象

横浜市内の特別養護老人ホーム

 

3.支援内容

(1)感染症対策指導(ゾーニング、消毒方法など)

(2)CT搭載車の派遣による施設内でのCT検査(新型コロナウイルス肺炎の有無や基礎疾患の評価

(3)重症度評価や感染者の搬送調整の助言(かかりつけ医と連携した入院調整

(4)施設運用の支援(各種マニュアルの提供や感染終息までの施設運用のアドバイス)

4.問い合わせ先

メールアドレス 若竹大寿会 YCU-CRAFT用   kansen@wakatake.or.jp

5. 申し込みから支援までの流れ

 

フロー図PDFはこちら

 

 

このお知らせをシェアする